【お風呂場の黒カビ対策に光触媒コーティングチタニア1.0】除菌・抗菌・抗ウイルス・消臭

更新日:2021年8月20日


【お風呂場の黒カビ】


体をキレイにするお風呂場が黒カビだらけ・・・。


気持ち悪いですよね。。


キレイなお風呂場で体を洗うのが気持ち良いです。


しかしお風呂場は少し掃除を怠ると天井や・窓まわりや四隅などに


ピンクカビなどと言われる「ロドトルラ」が発生します。


そのロドトルラを餌に黒カビが繁殖してしまいます。


黒カビが繁殖してしまうと厄介です。


黒カビはスポンジでこするだけでは落としきれません。


その場合は塩素系洗剤で落とす事になります。


しかしながら塩素系洗剤は体に良くない事は知られていることです。


注意事項にも「必ず換気してください!」と書いてあるほどです。


窓が無いお風呂場もありますし、


換気しても少しの時間で体調が悪くなる時もあり注意が必要です。


特に高齢者や小さいお子様がいる家庭は心配です。



そこで


【お風呂場の黒カビ対策!光触媒コーティング チタニア1.0】


光触媒コーティングを施工すれば


①カビの発生を抑えられる。


②掃除の負担を軽減できる。


③塩素系洗剤を使用しなくて済む


事になります。





それは


光触媒コーティングを施工した箇所は


菌・ウイルス・有機物が付くたびに


分解除菌してくれるので


カビの繁殖を未然に防いでくれるのです。




カビがお風呂場に繁殖する理由は3つです。



①温度が高い


 カビは20~30℃を好んでいます。


 お湯を扱うのでカビに適した温度になりやすい。


②湿度が高い


 水分が多い所なので湿度が高い


③カビの栄養源がある。


 カビは有機物をエサに繁殖します。


 体を洗う時に出る皮脂・垢などです。



①~③の条件が重なった時、繁殖スピードが上がります。


逆に①~③の対策をすればカビの発生を抑えることが出来るということです。



①の温度が高い の対策は


 ・お風呂から上がる時に冷水でお風呂場を流す。

 ・窓を開け換気する。換気扇をつける。


②の湿度が高い の対策は


 ・窓を開け換気する。換気扇をつける。

 

③カビの栄養源がある の対策は


 光触媒コーティング チタニア1.0を施工すると効果があります。