【ロッカールームのウイルス感染防止・予防する方法】光触媒コーティング チタニア1.0 除菌・抗菌・抗ウイルス・消臭

更新日:2021年8月20日

【ロッカールームで感染か!?】



「某サッカーチームが新型コロナウイルスに集団感染した!」


とのニュースがありました。


その感染が広がった場所がロッカールームの可能性が高いという事です。


ロッカールームは選手が着替えたり、ミーティングをしたり、


談笑したりもするのだろうと思います。


そして選手・監督・コーチ・スタッフ等が集まれば


ソーシャルディスタンスを保てるような


広い空間ではないのではと考えられます。


そう考えるとロッカールームの感染防止対策は難しいです。


有名なサッカーチームなので基本的な感染防止対策はもちろん実地していると考えられます。



①マスクの着用


②消毒液の設置


③窓・ドアを開けての換気   などです。


ではなぜ感染してしまったのでしょうか。


感染経路は3つです。


①飛沫感染 ②接触感染 ③空気感染  です。


もっとも疑われる感染経路は①の飛沫感染だと思われます。



着替えの最中などは上着を脱ぐ際などに


一時的にマスクを外してしまう場合が多いのでは


ないでしょうか。


そういった時に談笑したりしてウイルスを


飛沫してしまっている可能性があります。



【選手が感染者の場合】


ローカールームではありませんがグランド上で


症状の無い感染者が練習した場合は


特に飛沫感染する可能性が非常に高いです。


選手が感染者の場合はロッカールームで感染対策しても練習中・試合中に感染させてしまう


可能性が非常に高いので、これを防ぐ感染防止対策は見当たりません。


感染者が選手の場合の感染防止対策は難しい問題です。



【スタッフ・施設関係者が感染者の場合】


しかし感染者がスタッフや施設関係者などの場合はどうでしょうか。


感染した関係者が、


いくら入り口でアルコール除菌しても長くロッカールームにいれば、


口・鼻を触ったり、マスクをずらしたりする時もあるかと思います。


そして


✔菌・ウイルスが付いた手でイス・テーブル・ドアなどを触ったり → 接触感染


✔マスクから漏れた菌・ウイルスが空気中に浮遊する → 空気感染


などして感染リスクが高まります。


ロッカールームの除菌清掃は選手等が入室前にしているものです。


しかし入室後はなかなか出来るものではありません。


一度付いた菌・ウイルスは選手等が退室後に清掃するまで付着したままという事です


この状況は非常に高い感染リスクがあります。



そこで今注目を浴びている感染防止対策の光触媒コーティング チタニア1.0が効果を発揮します。



【光触媒コーティング チタニア1.0って何!?】